2018年度 enPiT ビジネスシステムデザイン分野ワークショップ

enPiTビジネスシステムデザイン(BizSysD)分野では10の連携校が実践的な問題解決を自発的に行えるイノベーティブな人材を育成するカリキュラムを展開しております。参画の企業、連携大学、参加大学で活発な議論を行うためのワークショップです(参加無料)。

概要

  • 日時: 2019年2月21日(木) 13:00-18:00
  • 会場: 筑波大学 春日エリア 情報メディアユニオン メディアホール・ユニオン講義室
enPiTビジネスシステムデザイン(BizSysD)分野では、10の連携校が実践的な問題解決を自発的に行えるイノベーティブな人材を育成するカリキュラムを展開しております。 本カリキュラムにご参画の企業、連携大学、参加大学の意見を統合し活発な議論を行うためワークショップを開催いたします。本イベントはどなたでも聴講参加可能です.是非下記登録フォームよりお申し込みの上,お越しください.
登録フォーム

2018年度の新企画

プログラム

–>
時間内容
12:30-開場・受付開始
13:00-13:05オープニング・分野代表挨拶(筑波大学 三末和男)
13:05-13:10発表趣旨説明(口頭発表・デモ発表・評価)
13:10-14:00各連携校での成果発表(※発表チームは決定次第掲載)
14:00-14:10休憩
14:10-16:30デモンストレーション
  • 14:10-14:20 趣旨説明+企業チーム・有志チーム発表
  • 14:20-15:10 コアタイム1(発表:筑波大, 琉球大, 未来大, 岩手県立大, 愛媛大)
  • 15:25-16:15 コアタイム2(発表:室蘭工業大, 埼玉大, 山口理科大, 嘉悦大, 会津大)
16:30-17:302018年度enPiT活動の振り返り(モデレータ:産業技術大学院大学 永瀬美穂)
17:30-18:00表彰式・クロージング
18:10-20:00情報交換会

発表チーム

チーム名システム名・概要
筑波大学拠点:チーム「ハコフグ feat.ゴンズイ玉」Cogito
研究や自己分析等の機会で考えがまとまらない大学生向けのWebアプリCogitoです。 アシスタントと対話するだけでアイデアを整理できます。 また、アシスタントの作成・共有機能により、考えることが得意な人の思考法の真似や 自分の思考法の共有ができます。
琉球大学拠点:チーム「酒温泉東」NAMI LOG
行ったサーフポイントの位置がわからなくなるといった課題を解決するために作られたwebアプリです。これは、位置情報と波の情報(風の向き、うねりの向き、波の高さ)を記録する事ができ、既存のアプリとは違って自分の活動の記録を残す機能と記録を共有する機能が備わっています。
公立はこだて未来大学拠点:チーム「ミライケータイプロジェクト[re:]」 数年後当たり前に使われているアプリ,「Battari」,「らくセール」,「てのひらバーテンダー」
本プロジェクトでは3サービスを開発しました. Battariは音楽との新しい出会い方を提供します. らくセールは野菜生産者が直売所情報を直接消費者に届けて高鮮度の野菜を広く提供することを目指しています. てのひらバーテンダーは質問に対する回答からその時の気分にあったカクテルを推薦します.
岩手県立大学拠点:(TBD)
(TBD)
愛媛大学拠点: (TBD)
(TBD)
室蘭工業大学拠点:(TBD)
(TBD)
埼玉大学拠点:チーム「E生活」E-Recorder
音声データの振り返りに大革命!聞きたいキーワードを検索するだけで、音声をピンポイントで再生できる。講義や講演の資料データがあれば、参照しながらの再生も可能。資料の文字をタップすることでも、音声の検索ができる。録音中や再生中に栞のようにタグ付けすることで、さらに音声の振り返りをサポート。
山口大学拠点:チーム「理科大チーム」(山陽小野田市立山口東京理科大学)サービス券電子化システム「Uni-ca」
個人経営店に対しては電子サービス券の作成フレームワークを提供し、ユーザーに対しては、サービス券管理の一元化をサポートするアプリ
産業技術大学拠点:チーム「全てはモモヨの為に」(嘉悦大学)バーチャルお母さん
私たちは、お母さんみたいにTwitterで何度も起こしてくれる「バーチャルお母さん」を作りました。朝の予定もサポートしてくれるアプリです。文系学部で開発未経験でしたが、限られた時間の中、スプリントごとに一つずつ問題を解決しました。アジャイル開発の手法をとることで、チームとして成長できました。
会津大学拠点:(TBD)
(TBD)

企業チーム

(近日公開予定)

有志チーム

チーム名システム名・概要
BEACON FUN (公立はこだて未来大)ビーコンIoTで函館のまちをハックする
本プロジェクトは、「ビーコンを使って函館のまちをより良くする」ことを目標に活動している。フィールドワークで得られた256個のアイデアを基に、地元住民や観光客のための4つのサービスの開発をした。また、他大学の学生との連携ワークショップでUXテスト・サービスの評価を行った。
(TBD, 室蘭工業大)
(TBD, 筑波大)

企業チーム発表募集

(受付は終了いたしました) 本ワークショップではビジネスシステムデザイン分野の各連携校から1チームずつ学生チームが発表をするのですが、 今年の新企画として企業チームによる発表を募集いたします。詳細は こちらの企画書をご確認ください。

これまでの開催

2017年度BizSysD分野ワークショップの様子
Go to Top