2018年度 enPiT 筑波大 ワークショップ(成果発表会)

2019/1/17 13:00より総合研究棟B SB0110で開催。3大学14チームが参加しアジャイル開発を取り入れ、2daysスプリントで3ヶ月間アプリを開発しました。(本イベントは終了いたしました。ご参加された皆様誠にありがとうございました。)

筑波大WS2018 

概要

筑波大学情報学群では2016年度から「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成」(通称:enPiT2)におけるビジネスシステムデザイン分野の情報教育に取り組んでおります.今年度は約74名,13チームの受講者が参加しPBLによるチーム開発を行いました.また茨城大学、九州工業大学および広島大学が参加校として参加しました. このたび、enPiT2のカリキュラムによる受講生の取り組みの成果発表会を開催いたします. 基礎知識学習、PBL基礎から発展学習までの約10ヶ月間の各自の取り組みについて口頭発表するとともにデモによる実演を行います.

    • 開催日時: 2019年1月17日(木) 13:00〜17:50
    • 会場:筑波大学 総合研究棟B 1階 0110公開講義室・0112講義室
    • 情報交換会: 18:00-20:00 (会場:3A棟食堂, 会費:一般3,000円 / 学生1,000円)

表彰

当日参加者の投票をもとにした審査委員会による厳正な審査を経て,下記4チームに優秀賞が送られました.おめでとうございます!

  • FaceCafe (チーム名: IVY WEST 202)
  • TasCal-タスク進捗アプリ- (チーム名: 平成進捗マスター)
  • サッカーバイザー (チーム名:サッカー)
  • Cogito (チーム名:ハコフグ feat. ゴンズイ玉)

また、チーム「ハコフグ feat. ゴンズイ玉」が学群長特別表彰を受賞いたしました。

プログラム

時間 内容
12:30 開場・受付開始
13:00-13:10 開会の辞(enPiT2 BizSysD分野代表 三末和男)
情報学群長挨拶 (筑波大学情報学群長 和田耕一)
13:10-13:20 enPiT2 活動紹介
13:20-14:20 成果発表(5分発表+3分質疑応答, 7チーム) 

  1. †タスクドラゴンナイト†:Folivora product registry
  2. vimacs:VideoSocialBookmark product registry registry registry
  3. 泣くなつぐちゃん: Mappy product registry
  4. ささかまぼこ:言伝 -Kotozute- product registry
  5. 君の名は?:colatter product registry
  6. IVY WEST 202:FaceCafe product registry
  7. 平成進捗Master:TasCal-タスク進捗アプリ- product registry
(10分休憩)
14:30-15:30 成果発表(5分発表+3分質疑応答, 7チーム) 

  1. ハコフグ feat.ゴンズイ玉:Cogito product registry
  2. 塩川組 (準拠テーマ):Youtuberのタイトルクエスト product registry
  3. 俺たちの生きる道 (準拠テーマ):TX-ray
  4. 焼き肉ファイターズ (準拠テーマ):ぶらりまっぷproduct registry
  5. サッカー (準拠テーマ):サッカーバイザー product registry
  6. MYDRY (九州工業大学):HelloIdea-アイデア創出プラットフォーム- product registry
  7. アジャリンGO (広島大学):The CardGame-自分で作るカードゲーム- product registry
15:30-16:45 デモンストレーション
16:45-17:30 振り返り
17:30-17:50 表彰・閉会の辞
18:00-20:00 情報交換会(3A棟食堂にて)

デモセッション ブース配置

参加チーム

チーム名 システム名・概要
†タスクドラゴンナイト† Folivora
タスクの入力が面倒で、計画が立てられないことを解決したい。TODOリストが続かない人向けの、計画を提示するだけでなく、計画を実行させてくれる「Folivora」です。
これは、タスクの重みの数値化と他人の計画をフォークする機能により計画を立てる支援をします。また、通知によりタスクの入力や実行を促します。Googleカレンダーなどのスケジュール管理アプリとは違って、Folivoraがユーザを管理します。
君の名は? colatter
手軽にコラ画像を作成し、共有することができる「Collatter」というアプリです。元画像の吹き出しの白塗りや、文字挿入、Twitterへの投稿が一括でできます。また、作成したコラ画像のテンプレートをCollatter上に投稿することができ、他のユーザーが作成したテンプレートからコラ画像を作成することもできます。
泣くなつぐちゃん Mappy
旅行におけるルートの複雑さを解決したい 観光者向けの 時間などの複数条件に基づくルート最適化を実現する Webアプリです。 GoogleMap とは違って 時間指定機能が備わっています。
ささかまぼこ 言伝 -Kotozute-
「自由単としてどの講義を履修するか迷う」を解決したい 履修登録期間中の筑波大生向けの授業検索アプリkotozute(仮)です。 これはが実際にその授業を受けた人からの情報をもとに自由単を見つけることができます。 既存のkdbやみんなのキャンパス(楽天)のようなサイトとは異なり、自由単に特化した検索機能を備えています。
ハコフグ feat. ゴンズイ玉 Cogito
研究,自己分析,制作物のアイデア出し,目標実現のための計画のときに,頭の中をうまく言語化して整理することの難しさを解決する、大学生を対象としたWEBアプリcogitoです。 これは、質問に答えるだけでアイデアの整理を実践することができ、 One Noteなどのノートアプリや既存のアンケートフォームとは違って、アシスタント(テンプレート質問集)が対話的に質問を投げかけるほか、回答例や質問詳細を表示する等の補助機能によって、ユーザーの回答を支援します。また、アシスタントの作成・共有機能も備わっており考えることが得意な人の思考法を真似したり、自分の思考法を共有することもできます。
vimacs VideoSocialBookmark
複数のプラットフォーム上の動画を統括してブックマークし,プレイリストとしてまとめられるサイト
IVY WEST 202 FaceCafe
写真に写ってる人に共有するのが面倒なことと 自分の写っている写真を簡単に集めたいという問題を解決したい 自分の写真が欲しい人向けの とった瞬間に自動で適切なユーザに共有される 写真共有サービスです。 これは顔認識でユーザの写真に写っている人を識別し、写っている人だけに自動で共有することができ、 GoogleフォトやLINEアルバムとは違って 圧倒的スピードで手間なく写真が共有できます。
平成進捗Master TasCal:タスク進捗アプリ
「意外と時間なくてタスクの締切直前に焦る」を解決する忙しい学生向けの残り時間ベースで考えられるタスク管理アプリ「TasCal」です。これは、タスクに割ける時間の可視化ができ、既存のタスク管理アプリやカレンダーアプリと異なり即座にタスクに割くことができる時間を計算できる機能が備わっています。
塩川組 (準拠テーマ) Youtuberのタイトルクエスト
このアプリは「どんな動画を撮ればいいかわからない」「再生数を伸ばしたい」とネタに困ってるYouTuber、「とりあえずYoutuberをやってみたい」という人にタイトルを提案する動画タイトルジェネレータです
俺たちの生きる道 (準拠テーマ) TX-ray
指定(入力)した時間帯について、つくばエクスプレスの各電車の位置を時刻表から割り出し、路線図を用いて視覚的に表現するプログラムを作成した。さらにこれからの追加要素として、ただ電車の位置を表示するだけでなく、指定した時間帯にどの駅へ行けば美しい電車の写真を撮ることができるのかを教えてくれる機能を実装する予定である。
焼き肉ファイターズ(準拠テーマ) ぶらりまっぷ
近場で行われるイベントはないか、出張先でふらっと立ち寄れるイベントはないかなど気軽にイベントを探したい人向けのイベント検索Webアプリ「ぶらりまっぷ」です。桜・紅葉の名所、花火大会、イルミネーションの4イベントを地図上にマッピングします。期間検索や地方での絞り込みができる上、地図上で場所を確認できるため直感的にわかりやすいです。
サッカー(準拠テーマ) サッカーバイザー
サッカーの試合を観戦/分析を補助するためのサービスです。選手の位置データなどに基づき、俯瞰図でのアニメーション、ピッチの支配率を表す領域の図示や、時間軸に沿ったボールポゼッションなどの優勢/劣勢具合を可視化することで、よりテクニカルな試合観戦や、試合の見直しをサポートします。
MYDRY(九州工業大学) HelloIdea: アイデア創出プラットフォーム
アイデアを出したいけどアイデアが出ない人向けのアイデア創出プラットフォームです。ユーザーはアイデアの創出ができ、既存のSNSとは異なり、アイデア出しをサポートするツールが備わっている事が特徴です。
アジャリンGO (広島大学) The CardGame: 自分で作るカードゲーム
Theカードゲームは、サークルの集まりでトランプがやりたい、けどトランプがない人向けの、本物のカードの代わりになるアプリです。本物のカードを買わなくてもカードゲームで遊ぶことができ、既存のカードゲームのアプリと違って、自分でカードを作って遊ぶことができます
Go to Top