メッセージ

修了生の声、及び推進室からの思いや期待するメッセージを掲載します。

修了生の声

2016年度修了生

中村 拓人
中村 拓人

enPiTプログラムを受講して得られる知見は多岐に渡りますが、どれも通常の講義や実習では得られないものばかりです。私にとって一番重要な知見は「趣味と仕事の差」でした。仕事における開発では、ニーズ・コスト・リミットを意識します。さらにチーム開発では仲間の能力や適性、成長を考慮する必要があります。単に新しい技術を習得するだけではなく、実際に経験することでしか学ぶことのできない感覚を得られる貴重な環境がenPiTプログラムにはあると思います。特にチーム開発という面では、仲間がいることで生じる問題や困難ももちろんありますが、数多の問題を乗り越え課題を達成し、プロジェクトを完成させるまでの過程を仲間と共有する瞬間は一段と素晴らしかったです。





推進室からのメッセージ

情報学群長

長谷川 秀彦
長谷川 秀彦

文部科学省が社会のニーズをみて設定したプロジェクトに応募した筑波大学情報学群が採択されたのがenPiT-BizSysDです。しかし、それは仕組みの話であって、参加する学生がいなければ何も進みません。

そこで、学生のみなさんにお願いです。社会の期待に応えるのはちょっと荷が重いなどとは考えず、自分のスキルアップが社会に役立つと考えてみませんか?ネットワーク上のコミュニケーションは上達したけど、face to face のコミュニケーションが退化していませんか?

うまくいくかどうかはわからなくても、始めてみないと結果はでません。一番の成果は、プロジェクトに参加した教員と学生さんのなかに残るものでしょう。成果物の心配なんかしないで、ぜひ、PBL (Project Based Learning) に取り組んでみてください。

情報科学類長

大矢 晃久
大矢 晃久

社会では、個人のスキルはもちろんですが、何人かのチームでの開発や、顧客からの要求に対する目的や仕様の明確化、設計、実装、評価等、プロジェクトの進捗に合わせた行動が求められます。このプログラムでは、プロジェクトベースの開発をチームのメンバーと行う学習を通して、社会に出てから必要な「実践力」を身につけることを目指しています。

多くの学生の皆さんがこのプログラムに参加し、真に社会で活躍できる人材になり、巣立っていってくれることを期待しています。

情報メディア創成学類長

平賀 譲
平賀 譲

皆で集まってわいわい力を合わせて仕事をしたり議論したりする。自分の役に立つもの、人の役にも立ちそうなものをともかく作り、その成果を世に問う。我が情報メディア創成学類学生が大好きなことです。

この enPiT のプログラムは、そういった創成学類生にとって、まさにうってつけと言うべきプロジェクトです。その上、他学類・他大学の学生とも出会って仲間になれるとは!まるで天国のような環境です。

我が学生諸君だけでなく、参加する全学生の皆さんに、まずはそういった出会いの場を生かして仲間を増やし、共同で作業する楽しみを満喫していただければと思います。好きでやること、楽しんでやることが何より一番身につきます。それがそのまま自分の実力となり、将来の活躍の糧となるとは。こんなおいしい話はないではありませんか!

知識情報・図書館学類長

歳森 敦
歳森 敦

enPiTではソフトウェア開発を学びますが,どこにでもある演習科目とは全く違った科目です.チームプロジェクト開発を学ぶため,他学群・他大学を含む多様な学生がチームとして協働してプロジェクトを推進することを実践によって学ぶ場であり,さらには協力企業のアドバイザと教員から複眼的な学びを得る場でもあります.このような経験ができる科目は他にはありません.学類長として,知識情報・図書館学類生には受講を推奨しています.他学群や他大学の意欲ある学生の皆さん,是非,情報学群生と共にenPiTに参加しませんか.

推進室長(ビジネスシステムデザイン分野代表)

河辺 徹
河辺 徹

enPiT-BizSysD分野は、IoTを始め、進化を続ける先端情報技術や情報インフラにおける最新の社会ニーズやビジネスニーズに対し、ICTを活用したアプリケーション開発技術、システムデザインの素養、PBL (Project Based Learning) を主体とする実践的なカリキュラムを提供することで、実用的なソリューションを柔軟に提供できるイノベーティブな人材を育成することを目指す意欲的な取り組みです。筑波大学が中核拠点となって,全国の9大学と連携して教育ネットワークを構築し、BizSysD分野の実践教育の全国的な展開を図っています。

本取り組みに参加し、真の実践力を身に付けた高度な技術者として日本のために活躍しようという気概をもった多くの学生の皆様の参加、ならびにこのような人材育成教育を積極的に推進しようという企業の皆様のご協力を心よりお待ちしております。

推進室員および関連教員

嵯峨 智
嵯峨 智

この事業の中核であるプロジェクトベーストラーニング(PBL)には,学ぶべき様々な要素がありますが,私はその中でもチームでのコミュニケーションを通じて,一つのゴールを達成することを体験してほしいと思っています.チームメンバは仲良しばかりとは限りません.問題も起こるかもしれません.そんなチームを自分達でうまく回るように工夫をすることが何よりのチームでの学びにつながります. さらに欲をいえば,情報技術を用いて課題解決をするだけでなく,課題について独創性のある解決策を発案し,論理的に思考できるようになってもらえればうれしいです.

渡辺 知恵美
渡辺 知恵美

enPiTでは最新ICT技術を駆使して「確実に熱烈な利用者がいるアプリケーションを高い品質で開発し提供する」というスキルを身につけることができます。そのために、利用者の切実なニーズにフィットするかレビューと改善を繰り返します。またチームで開発に取り組むenPiTでは、チームで常に開発を最適化する方法を話し合い改善を続けます。修了時には最強のチームとそのチーム独自の最適な開発モデルが出来上がります。開発によってできる成果物とともに、チームと会得した開発プラクティスは修了者にとって大きな財産となります。是非とも実りの多い1年間を過ごしましょう!

天笠 俊之
天笠 俊之

現在は,あらゆる分野で情報技術を用いた問題解決が求められています.さらに,社会では多人数のチームで一つの仕事を達成することが多くそのためのスキルも非常に重要です.enPiTでは,チームでの問題発見から解決までを経験することができるだけでなく,そのためのツールも体系的に学ぶことができる貴重なプログラムです.ここで学ぶ多くのことは今後きっとさまざまな場面で役立つと思います.

面 和成
面 和成

本教育プログラム(enPiT-BizSysD)は,「ユーザへの新たな価値提案」を第一の目標にしています.これは,先端ICTを学ぶことに主眼を置く他のenPiTの教育プログラムと一線を画するものです.単に先端ICTを習得したとしても必ずしもユーザへの新たな価値を提案できるとは限りません.本教育プログラムでは,アジャイル開発などのソフトウェア開発技術はもちろん学びますが,ユーザへの新たな価値提案に向けて,学生自身が仮想現実や人工知能,情報セキュリティなどの先端ICTを必要に応じて独習しながらチームで開発を行います.ぜひこの貴重な体験を多くの学生に味わってもらいたいと思います.

三末 和男
三末 和男

チームで協力して/最新のICTを活用して/新たな価値を創造する。どれも、IT業界において重要な要素です。enPiT-BizSysD(ビジネスシステムデザイン分野)では、グループでのソフトウェア開発を通じて、これらを実際に体験します。enPiTはこれまで大学院生向けにカリキュラムを提供してきましたが、enPiT2では学部学生向けに同様のカリキュラムを提供しています。必ずしも大学院生のようにはうまくソフトウェアを開発できないかも知れませんが、学部の内にenPiTを経験し、価値の創造に対する見方を養うことは有意義であり重要です。その後の学習や研究の方向性を考える上でも役に立つに違いいありません。多くの皆さんが積極的に参加されることを期待します。

藤澤 誠
藤澤 誠

情報技術の発展は私たちの生活をより便利に,そしてより豊かにしてくれています.一方で近年は扱わなければならない情報の量が莫大となり,それに伴って情報を扱うシステムやアプリケーションも複雑化してきています.そのような状況に対応するためにチームでの開発や顧客の要望に合わせた柔軟な対応が社会では求められています.本プログラムでは産業界で実際に行われているチームごとの開発やアジャイル開発といったものを専門の教員の指導の下で学ぶことができ,実際のアプリケーション開発を通して様々なことを経験することができます.このようなことを学生のうちに学び,体験することは皆さんが社会に出たときにとても大きな武器になることでしょう.多くの学生の皆さんの積極的な参加をお待ちしています.

高久 雅生
高久 雅生

現実の社会における課題を情報技術の力で解決するには、単に情報システムを構築すればよいというわけではありません。いかに課題を言語化したうえでシステムとして実現するか、チームとして取り組み、お互いのスキルと問題意識を共有するかが重要となります。enPiTで実施するPBL学習とチーム開発のエッセンスは、プロジェクトマネージメントや知識共有スキルなど、様々な視点からの学びを提供してくれると思います。1年間をかけて積極的に学んでみたい学生の皆さんに受講をお奨めします。

若林 啓
若林 啓

情報技術の進化は非常に早く、日々新しいテクノロジーが生まれては広がっていきます。今現在のビジネスアプケーションの開発現場でどのようなソフトウェアや開発技法が使われているのかといったことは、実際に開発チームに入ってみないとなかなか知ることができません。本プログラムでは、実践的なプロジェクトベース学習を通して、様々なテクノロジーを駆使したアプリケーション開発を体験することができます。その中で、本格的なチーム開発で必要とされるスキルを知り、社会で求められる実践力とは何かを学ぶことができます。高い意欲を持つみなさんに是非ご参加頂きたいと思います。

早瀬 康裕
早瀬 康裕

ITシステムの開発には、開発者個人のテクニカルスキルだけではなく、共にシステムを開発するチームメンバーと協働し、システム利用者にとっての価値とは何かを考える力が必要です。このプログラムは、様々な分野の第一線で活躍しておられる講師陣によって、スキルを活用してシステムを生み出す方法を実践の中で学ぶことができるプログラムです。そして,このプログラムを有意義なものにするのは,それぞれに異なる背景やスキルを持つ学生の皆さんです。皆さんの参加と活躍を期待しています。

Go to Top