メッセージ

修了生の声、及び推進室からの思いや期待するメッセージを掲載します。

修了生の声

2017年度修了生

赤坂 勝哉
赤坂 勝哉

enpitプログラムを通して学べることは他の授業や実験とは一味違います。enPiTでは、自分たちで社会的課題を見つけ、それに共感できる人を集めてチームを組んでその課題を解決するようなプロダクトを一年かけて制作していきます。そのため、この授業を通して得られた数多くの経験はかなり新鮮で、今後実際にプロダクトを制作していく上でかなり役立つものばかりした。なかでも特に受講してよかったと思えたことは、「チーム開発のいろはを学べたこと」です。仲間との意思疎通や約束事などを常に考慮しながら開発を進めて行くスタイルは個人でPCに向かっているだけではなかなか身に付けることはできませんが、enPiTを受講したことでチーム開発独特の困難や達成感など技術面以外で色々と貴重な体験をすることができました。

橋爪 友莉子
橋爪 友莉子

enPiTでは普段の授業にはない経験ができます。特に顧客を意識したサービス作りが印象的でした。競合となる既存のサービスについて調べたり独自性について 考えたりしました。すごく悩んだ分、実際に使っていただけるようになったときは喜びが込み上げて来ました。また、チーム開発の楽しさも知りました。メンバー間のイメージの違いの共有や進捗の把握をするためには、工夫が必要でした。大変なところもありますが、メンバーの息が合い始めたころ一気にプロダクトが改善されて楽しさを感じました。私は技術力に自信がないという理由から、enPiTの受講を迷っていました。しかし、始めてみると仲間と助け合いながらここでしかできない経験ができ、1年での成長も実感しました。楽しくてわくわくする開発をしてみませんか?

2016年度修了生

中村 拓人
中村 拓人

enPiTプログラムを受講して得られる知見は多岐に渡りますが、どれも通常の講義や実習では得られないものばかりです。私にとって一番重要な知見は「趣味と仕事の差」でした。仕事における開発では、ニーズ・コスト・リミットを意識します。さらにチーム開発では仲間の能力や適性、成長を考慮する必要があります。単に新しい技術を習得するだけではなく、実際に経験することでしか学ぶことのできない感覚を得られる貴重な環境がenPiTプログラムにはあると思います。特にチーム開発という面では、仲間がいることで生じる問題や困難ももちろんありますが、数多の問題を乗り越え課題を達成し、プロジェクトを完成させるまでの過程を仲間と共有する瞬間は一段と素晴らしかったです。





教員からのメッセージ

情報学群長

和田 耕一
和田 耕一

enPiT-BizSysDは、文部科学省の施策に応募し採択されたプロジェクトで、筑波大学が中核拠点になっています。全国の連携大学とともに、ICT/IoT技術の活用に関する実践的な教育を行います。

一つの目標に向かってチームの力を結集してアプリケーションやシステムを開発する形をとっており、開発テーマの企画・設計・実装の過程で得られる経験や知見は今後の学生生活、社会人生活にとって得難いものになります。

開発課程では様々な課題に直面し、協力しながら乗り越えなければなりませんが、チームで力を合わせて成果物を得たときの達成感は格別です。ぜひ一人でも多くの学生さんに味わっていただきたいと思います。

情報科学類長

亀山 幸義
亀山 幸義

「ソフトウェア」は「プログラム」とどう違うでしょうか。日本が世界に誇る天才プログラマである竹内郁雄氏は、「自分が使うだけでよいものがプログラムで、他人に使ってもらうのがソフトウェアである。」と定義しました。

皆さんは、これまでの授業や活動で、自分だけが使う「プログラム」を作る能力を高めてきたとおもいます。素晴しいプログラムを作る能力は情報技術者として不可欠なスキルです。しかし、それだけでは、本当の意味で社会と向き合った技術者となることはできません。「ソフトウェア」を作るためには何が必要か、ソフトウェアの良さを他人に理解してもらうためにはどうしたら良いか、そのために必要な要素がすべてはいった授業がこの enPiTプログラムです。enPiTプログラムに参加して、社会に役立つソフトウェア作りに取り組みましょう。

情報メディア創成学類長

河辺 徹
河辺 徹

enPiTにおけるカリキュラムの主要な要素の一つは,PBL(Project Based Learning)にあります.特にBizSysD分野のPBLでは,想定するユーザに対し,新たな価値を提供するアプリケーションをチームで開発するプロジェクトを実施するところに大きな意義があります.他人の意見に耳を傾け,相互に建設的に意見を出し合うことで,プロジェクトに対する価値観が集約されたチーム・ワークが生み出され,共通の目標を達成するプロダクトを生み出すことが可能になります.この一連の流れを,連携企業の方々のサポートも受けながら,学類生の間に体験することは,学生の皆さんの将来のキャリアにおいて,大きな糧となること間違いなしです.ぜひ,積極的に,このenPiT BizSysDのPBLに参加して,大いに皆さんの,要件分析力,開発力,コミュニケーション力など,社会に出てから必須となる能力を磨いてみてください.

知識情報・図書館学類長

歳森 敦
歳森 敦

enPiTではソフトウェア開発を学びますが,どこにでもある演習科目とは全く違った科目です.チームプロジェクト開発を学ぶため,他学群・他大学を含む多様な学生がチームとして協働してプロジェクトを推進することを実践によって学ぶ場であり,さらには協力企業のアドバイザと教員から複眼的な学びを得る場でもあります.このような経験ができる科目は他にはありません.学類長として,知識情報・図書館学類生には受講を推奨しています.他学群や他大学の意欲ある学生の皆さん,是非,情報学群生と共にenPiTに参加しませんか.

ビジネスシステムデザイン分野代表

三末 和男
三末 和男

チームで協力して/最新のICTを活用して/新たな価値を創造する。どれも、IT業界において重要な要素です。enPiTビジネスシステムデザイン分野(BizSysD)では、チームでのソフトウェア開発を通じて、これらを実際に体験します。第1期enPiTでは大学院生向けにカリキュラムを提供してきましたが、第2期enPiTでは学部学生向けに同様のカリキュラムを提供しています。必ずしも大学院生のようにはうまくソフトウェアを開発できないかもしれませんが、学部の内にenPiTを経験し、チームで協力して企画から開発あるいは運用まで行う、最新のICTを自分達で調べて活用する、価値の創造に対する見方を養うということは有意義であり重要です。その後の学習や研究の方向性を考える上でも役に立つに違いありません。多くの皆さんが積極的に参加されることを期待します。

関連教員

渡辺 知恵美
渡辺 知恵美

enPiTでは最新ICT技術を駆使して「確実に熱烈な利用者がいるアプリケーションを高い品質で開発し提供する」というスキルを身につけることができます。そのために、利用者の切実なニーズにフィットするかレビューと改善を繰り返します。またチームで開発に取り組むenPiTでは、チームで常に開発を最適化する方法を話し合い改善を続けます。修了時には最強のチームとそのチーム独自の最適な開発モデルが出来上がります。開発によってできる成果物とともに、チームと会得した開発プラクティスは修了者にとって大きな財産となります。是非とも実りの多い1年間を過ごしましょう!

天笠 俊之
天笠 俊之

現在は,あらゆる分野で情報技術を用いた問題解決が求められています.さらに,社会では多人数のチームで一つの仕事を達成することが多くそのためのスキルも非常に重要です.enPiTでは,チームでの問題発見から解決までを経験することができるだけでなく,そのためのツールも体系的に学ぶことができる貴重なプログラムです.ここで学ぶ多くのことは今後きっとさまざまな場面で役立つと思います.

面 和成
面 和成

本教育プログラム(enPiT-BizSysD)は,「ユーザへの新たな価値提案」を第一の目標にしています.これは,先端ICTを学ぶことに主眼を置く他のenPiTの教育プログラムと一線を画するものです.単に先端ICTを習得したとしても必ずしもユーザへの新たな価値を提案できるとは限りません.本教育プログラムでは,アジャイル開発などのソフトウェア開発技術はもちろん学びますが,ユーザへの新たな価値提案に向けて,学生自身が仮想現実や人工知能,情報セキュリティなどの先端ICTを必要に応じて独習しながらチームで開発を行います.ぜひこの貴重な体験を多くの学生に味わってもらいたいと思います.

早瀬 康裕
早瀬 康裕

ITシステムの開発には、開発者個人のテクニカルスキルだけではなく、共にシステムを開発するチームメンバーと協働し、システム利用者にとっての価値とは何かを考える力が必要です。このプログラムは、様々な分野の第一線で活躍しておられる講師陣によって、スキルを活用してシステムを生み出す方法を実践の中で学ぶことができるプログラムです。そして,このプログラムを有意義なものにするのは,それぞれに異なる背景やスキルを持つ学生の皆さんです。皆さんの参加と活躍を期待しています。

木村 成伴
木村 成伴

本プログラムで学ぶソフトウェア開発技法やチームによる開発手法は,社会に出てからでも学べるかもしれません.しかし,業務として開発するのであれば,そこで作成するものは,顧客や所属する組織からの要望に基づくものであり,自分たちが欲しいものや,自分たちが作りたいものをチームで制作する機会は,あまり多くないことでしょう.本プログラムが目指している「自分達のテーマの具現化」は,貴重な機会となるはずです.本プログラムを通して,自分達を見つめ直し,「困っていること,解決したい課題」は何なのかをじっくり考えてみて下さい.ユニークなテーマが生まれてくることを願っています.

津川 翔
津川 翔

本プログラムでは、実践的なソフトウェア開発を学びます。特に、自ら何を開発するかを決めるということ、そしてチームで開発するということが、「実践的」なポイントかと思います。これまでのプログラミングの授業では、基本的に何を作るかは課題で決まっていて、個人で開発するということが多かったのではないかと思います。一方社会では、ただ指示されたものを作るのではなく、解決すべき課題を自ら発見することが求められる仕事も多く存在します。また、解決すべき課題が大きくなるとチームでの仕事が必須となります。このような社会で求められる仕事の仕方をぜひenPiT で身につけてもらいたいと思います。

藤澤 誠
藤澤 誠

情報技術の発展は私たちの生活をより便利に,そしてより豊かにしてくれています.一方で近年は扱わなければならない情報の量が莫大となり,それに伴って情報を扱うシステムやアプリケーションも複雑化してきています.そのような状況に対応するためにチームでの開発や顧客の要望に合わせた柔軟な対応が社会では求められています.本プログラムでは産業界で実際に行われているチームごとの開発やアジャイル開発といったものを専門の教員の指導の下で学ぶことができ,実際のアプリケーション開発を通して様々なことを経験することができます.このようなことを学生のうちに学び,体験することは皆さんが社会に出たときにとても大きな武器になることでしょう.多くの学生の皆さんの積極的な参加をお待ちしています.

高久 雅生
高久 雅生

現実の社会における課題を情報技術の力で解決するには、単に情報システムを構築すればよいというわけではありません。いかに課題を言語化したうえでシステムとして実現するか、チームとして取り組み、お互いのスキルと問題意識を共有するかが重要となります。enPiTで実施するPBL学習とチーム開発のエッセンスは、プロジェクトマネージメントや知識共有スキルなど、様々な視点からの学びを提供してくれると思います。1年間をかけて積極的に学んでみたい学生の皆さんに受講をお奨めします。

若林 啓
若林 啓

情報技術の進化は非常に早く、日々新しいテクノロジーが生まれては広がっていきます。今現在のビジネスアプケーションの開発現場でどのようなソフトウェアや開発技法が使われているのかといったことは、実際に開発チームに入ってみないとなかなか知ることができません。本プログラムでは、実践的なプロジェクトベース学習を通して、様々なテクノロジーを駆使したアプリケーション開発を体験することができます。その中で、本格的なチーム開発で必要とされるスキルを知り、社会で求められる実践力とは何かを学ぶことができます。高い意欲を持つみなさんに是非ご参加頂きたいと思います。

Go to Top