enPiTについて

筑波大生向けにenPiTに参加・受講するための情報を案内します。

概要

「enPiT」は情報学群(情報科学類、情報メディア創成学類、知識情報・図書館学類)の3年次学生を主な対象とし、ICT/IoTを活用して社会ニーズに応えるアプリケーションやシステムをチームで開発するPBL (Project Based Learning)形式のカリキュラムです。情報科学類では「主専攻実験」の一部、情報メディア創成学類では「情報メディア実験」の一部、として実施します。知識情報・図書館学類および情報学群以外の学生向けには情報学群共通科目「ビジネスシステムデザインA、B」として実施します。

学習内容

ニーズ駆動でのチームによるシステム開発技法を学びます。
身の回りの課題を取り上げて解決策を提案し、適切なシステム構成を設計、実装とレビューを繰り返して問題を真に解決するシステムを探索的に作り上げます。開発言語や技術は開発内容により異なります。具体的な学習の内容や特徴に関しては、「enPiTの1年」をご覧ください。

実施形態

情報科学類及び情報メディア創成学類

情報科学類及び情報メディア創成学類では主専攻実験/情報メディア実験のテーマとして実施します。具体的には春学期、秋学期に以下のような実施形態をとります。各々以下のサイトを参考にしてください。

主専攻実験はこちら
情報メディア実験はこちら

春学期
  • 実験テーマ「PBL形式によるネットワークサービス開発A」として実施します。
  • 春ABと春Cの期間前半(4月から7月)は各自が自習ベースでシステム開発のための基礎技術を学びます。その後、春Cの1週間に集中演習を実施し、システム提案やチームによる開発技法について学びます。(2017年度は8/1から8/8に実施します。)
秋学期
  • 秋学期は以下の二種類のテーマのうちいずれかを選択してください。
    enPiTテーマ春Cの集中演習で取り組んだ課題で開発を続けます。
    実験テーマ名は「PBL形式によるネットワークサービス開発B」を選択してください。
    enPiT準拠テーマ主専攻実験/情報メディア実験テーマのうち、PBLによるチーム開発要素をとりいれたテーマです。
    テーマの課題担当教員のもとで秋学期から新たにチーム開発を進めます。
    個別の実験テーマ名は以下の「enPiT準拠テーマ一覧」を参照し、選択してください。
  • どちらのテーマでも10月から12月にかけて開発をして12月に成果発表会で発表します。その後、秋Cの期間はプロダクトのさらなるブラッシュアップや、チーム開発の振り返りなどを行います。
  • なお、秋学期は上記のテーマ以外の実験テーマを選択することもできます。ただしその場合enPiTの修了とはなりません。

知識情報・図書館学類および情報学群以外

上記「PBL形式によるネットワークサービス開発A、B」のテーマとなります。情報学群共通科目「ビジネスシステムデザイン A、B」を履修してください。

他大学生

他大学生の受講希望はメールにてお問い合わせください。

大学院生

基礎知識学習とPBL基礎を受講する場合は「プロジェクト実践ワークショップ」を履修してください。発展学習を受講する場合は「イニシアティブプロジェクトI」を履修してください。発展学習を受講するには基礎知識学習とPBL基礎を受講する必要があります。上記「PBL形式によるネットワークサービス開発A、B」のテーマとなり、学類生とともに受講しますが、学部生とは異なる視点からの学びを得ます。なお、大学院生には修得により当該科目の単位は付与されますが、enPiTの修了証は発行されません。詳細については4/14 12:15から筑波大学3B311教室で開催するガイダンスにて説明いたします。こちらにご参加ください。

他大学院生の受講希望はメールにてお問い合わせください。

enPiT準拠テーマ一覧

  • 大規模ソーシャルデータ分析                                
  • 物理エンジンを使ったアプリケーション開発                                

過去のプロダクト


これまでのプロダクト例 (詳細はこちら)
  • 作業強制タイマーUGEN
    • ついつい遊んでしまう自分を矯正する?
    • [Google Play]
  • Prunner
    • ランニングコースを名所から提案してくれる
  • TPP
    • 筑波大学の履修システムを補完する
Go to Top